麗しき音楽(うた)と青春の日々

音楽(うた)を愛する男の日常を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童合唱団も一区切り

昨日、地元の児童合唱団の入卒団式があった。

私がこの合唱団の指導を始めたころ4年生だった子どもたちが今回卒業となった。恐らく、当時何も分からないまま発声法が全く違うやり方に戸惑ったかもしれないが、徐々に理解し、現在の合唱団の基礎を作り上げてきたメンバーたちである。その意味においてちょっと感慨深いものがあった。

今回も決して多くはない練習回数の上、雪で練習が中止になったりと過酷な状況にも関わらず、よくついてきたと思う。
意外だったのは妻から「前に聴いた時より声が出てたね」と言われたことだ。全くの素人である妻の感想だからその通りなのだろう。

卒団生から母に贈る言葉で場内が感動に包まれたあとに歌った山本伸一作詩の「母」は、自分の中でも、そしてメンバーの中でも渾身の一曲となった。

その後に、ブログにも書いたが、技術スタッフで練習してきた「さくら(独唱)」を、私がアコースティックギター、後輩がエレキギター、そしてピアニストのピアノで披露した。私が風邪をひいていたので高音がちゃんと出なかったが、何とか演奏できた。

ギターを人前で演奏するのは初めてだったので恥ずかしい限りだが、まぁ心尽くしのプレゼントということで勘弁してもらおう。

さぁ、次はしなの合唱団の演奏会だ…
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

さんしまいぱぱ

Author:さんしまいぱぱ
さんしまいぱぱのブログへようこそ!

3人の娘たち(と妻)に囲まれて日々奮闘してます。
音楽・歌が好きで、サザンを主に聴き、男声合唱をやってます。
ブログを通して交流できるといいなぁ。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
楽天市場



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。