麗しき音楽(うた)と青春の日々

音楽(うた)を愛する男の日常を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジをどうやって観るか?

9月9日のブログ「引越しの手始め」で書いたように、現在のマンションから一戸建てに引越しをする。

いろいろ変わるものがあるのだが、結構重要なもののひとつが「地デジ(地上デジタル放送)をどうやって観るか」である。今は地デジ対応テレビもなければ地デジチューナーもない。しかもマンションでケーブルテレビを敷いているので、まぁアナログ放送でもそこそこきれいに観ることができる。しかし、一戸建てに引越したらそういう訳にはいかなくなる。
そこで、「地デジの対応方法」について、家電量販店の店員さんに聞いてみた。

すると3つの方法があるということである。無論これは「地デジ対応のチューナーなりテレビなりを持っている」というのが前提ではある。

1.地デジ用アンテナを立てる。
2.ケーブルテレビに加入する。
3.フレッツテレビに加入する。

1は言うまでもなくスタンダードな対応だ。通常であれば何も迷わずこれを選択するだろう。
ところが、今度引越す地域はどうも「難視聴地域」であるらしい。つまり、「電波が届きにくい」ということである。家電量販店の店員さん(本当はNTTの営業のようであるが…)も「その地域だと、普通の地デジアンテナではなく大きめのものを取り付けることになるかも。場合によってはブースター(電波増幅装置)が必要になるかもしれませんね。」と説明してくれた。

言われてみれば、確かにその地域の家にアンテナが立っているのはごく稀であった。アンテナを立てたとしても「難視聴地域」であるため、ブースターを別途取り付けなければならない。さらに屋根の形状により工事費が変わってくるし、回りの環境(ビルや送電線など)に左右されるそうだ。もっと言うと今は「東京タワー」の電波を受けているが、「東京スカイツリー」に方向にアンテナの向きを変える必要があるなんて噂もあるらしい。となると結構面倒だ。

ならば、2はどうか?ケーブルテレビは確かにいいかもしれない。しかしコストが高い。詳しくは述べないが、地デジを観るためだけに入るのは得策ではない気がする。観れるチャンネルが増えても比例してチャンネル争いが増えるのは目に見えている。

ということで、結論的には3の「フレッツテレビに加入する」ことになった。

現在加入している「Bフレッツ」の月額費用に682.5円加えるだけで、地デジアンテナを立てるデメリットをだいぶ解消できるとなれば、これがうちにとっては現実的である。もちろんマンションから戸建てになるので月額費用は今より掛かるが…。

しかし、これによって地デジが観れるだけでなく、BSデジタル(フレッツ光のサイトを参考)も視聴できるようになるのだからこれは便利かも。あっ、結局チャンネル争いは出てくるのかな…?

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

さんしまいぱぱ

Author:さんしまいぱぱ
さんしまいぱぱのブログへようこそ!

3人の娘たち(と妻)に囲まれて日々奮闘してます。
音楽・歌が好きで、サザンを主に聴き、男声合唱をやってます。
ブログを通して交流できるといいなぁ。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
楽天市場



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。