麗しき音楽(うた)と青春の日々

音楽(うた)を愛する男の日常を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間失格」を読んでる

音楽寅さんの「声に出して歌いたい日本文学」に影響された訳ではないが、書棚にあった太宰治の「人間失格」を読んでいる。

今の文章とは違う文体だったり、当時の時代背景を汲み取らないと何を言ってるか分からないというような、ある意味特殊な作品なので、結構頭を使う。

しかも、男女の複雑な関係や愛憎を太宰はさらっと描いている。その行間を自然と読む(というか想像させる)ことになり、「昔の文学ってさらっと読めないなぁ」と感心もし、ちょっと嫌悪感も抱いている。

大学生の頃にたくさん本を読んだので、まだ昔の文学に対する免疫は残っているようだが、現在の作品とは違う違和感は感じる。仕方ないことだけど…。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

さんしまいぱぱ

Author:さんしまいぱぱ
さんしまいぱぱのブログへようこそ!

3人の娘たち(と妻)に囲まれて日々奮闘してます。
音楽・歌が好きで、サザンを主に聴き、男声合唱をやってます。
ブログを通して交流できるといいなぁ。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
楽天市場



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。